”土と水”DuoLive In 萩
ARコート処理済みCD

蘇る録音現場!
ASC確認音源CD
あの高音質CD”土と水”がさらに音質アップ!!
市販CDとしては世界初!!

ご希望の方はココをクリック!
お届けを早くする為
お届け先の
郵便番号、御住所、御名前、電話番号
希望枚数をご記入の上
お申し込み下さい



お陰様で完売いたしました

有り難うございました


詳しくはA&Vヴィレッジ2003年1月号(12/19発売)の
山本紘市氏の記事を参考にしてください。

以下は記事からの抜粋です
 いやぁ正直参った。セミや小鳥は録音した時に鳴いていたまんま。遥か遠くから楽音に纏わりつかず、1匹1匹の鳴き方や
音色もちゃんと聴き分けられる。蝉時雨は1匹1匹の集団なのだぁという至極当たり前のことを今更ながら気づかされた。
 ウッドベースはちゃぁんと立って演奏しているのが目に見えるようだし、録音中お互いに目配せした記憶までもが蘇る。
環境音と私が表現している音たちも3次元のサウンドステージの中でヴァーチャルリアリティーに蘇る。
 サックスがバリバリと吹き上げるところなど過去経験したことのないほどストレスフリーな状態で伸び切るし、楽器音を始めとする
全ての音が、本来備えているアタック直後の豊かな固有の響きを取り戻し、音色や倍音の感覚は、これこそなまなましいと表現
できる鳥肌もの。
 CDへの反射防止コーティングだけでこれらを蘇らせることができるなんてとても信じられないことだが、CD化の段階でマスキング
されてしまっていた生情報も恐ろしく蘇り、本当に愕然としてしまった。良い意味で『何だこりゃ!!』である。
しかもマスターの音が蘇るのではない。はっきり申し上げて、生の現場が蘇るに等しいのだ。かなり興奮しているので言葉が過ぎて
いるのかもしれないが、これが私の率直な感想である。