HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

029750

■ ASC関西支部の掲示板です。
■ 新規投稿からどんどん投稿してください。
■ ハードに・・と書いていますがジャンルは問いません。楽しく情報交換をしましょう。
■ 48時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 48時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal情けない話(37) | Nomalオペアンプあれこれ(21) | Nomalスピーカー再生で思うこと。。。。(18) | NomalLo-D  HS-500(14) | NomalDSD配信(13) | Nomalちょっとフライングですが…(13) | NomalPremium2(13) | NomalhiFace Evo / ネイティブDSD再生の可能性について(12) | Nomal高精度クロック? - オーディオで使うの難しいですが…(11) | NomalPCオーディオ 2010(11) | Nomalダウンロード リッピングでの音質変化の謎?(10) | Nomalあけましておめでとうございます(7) | NomalREX-Link2EX(7) | Nomal残響時間(7) | Nomal256fsの1bit ADC(5) | Nomal面白そうなUSBオーディオデバイス(5) | Nomaltest(5) | Nomal大賞受賞おめでとう!(4) | NomalOS コンがディスコン!?(3) | NomalPLMCAP(3) | NomalUSBオーディオボード(DSD512)(2) | Nomal以前ご紹介いただいたもので...(2) | Nomal綾戸智絵メジャーデビュー前の3作(2) | Nomalロレックスコピーwww.gooir.com(1) | Nomal謹賀新年(1) | NomalAudioGate Updater(1) | New ヴィトン 偽物 通販(0) | Newスーパーコピー時計(0) | Newクロムハーツコピー(0) | Nomalスーパーコピー時計(0) | Nomalパネライコピー時計(0) | Nomalロレックスコピー(0) | Nomalスーパーコピー(0) | Nomalスーパーコピー時計(0) | Nomalパネライスーパーコピー(0) | Nomalスーパーコピー(0) | Nomalブランド時計(0) | Nomalブランド時計スーパーコピー(0) | Nomal時計(0) | Nomalエルメス コピー バッグ (0) | Nomalsupreme tシャツ(0) | Nomalスーパーコピー(0) | Nomalフランクミュラーコピー(0) | Nomalスーパーコピーバッグ(0) | Nomalスーパーコピー(0) | Nomalパテックフィリップコピー(0) | Nomalスーパーコピー時計(0) | Nomalリシャールミルコピー(0) | Nomalブルガリスーパーコピー(0) | Nomalスーパーコピー時計(0) | Nomalパネライスーパーコピー(0) | Nomalカルティエスーパーコピー(0) | Nomalタグホイヤーコピー(0) | Nomalブライトリングコピーwww.buyoo1.com(0) | Nomalガガミラノスーパーコピー(0) | Nomalスーパーコピー(0) | Nomalスーパーコピー時計(0) | Nomalスーパーコピー時計(0) | Nomal面白いダイオード?ブリッジ(0) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■792 / 親記事)  情けない話
□投稿者/ kaoru -I -(2005/07/17(Sun) 11:33:31) [ID:y1TJneqG]
    ちょっと、情けないような呆れた話です。

    最近、なんだか音が変!
    音ってどんどん落ち着いていくと悪いところも見えてくるのかなあ・・・なんて
    思っていた矢先、左の音が割れているような気がして、またツイーターが故障したのかと青くなりました。

    線が緩んでいるのかと確認してると、CDPからDACのデジタルケーブルってCDP→DACと言う矢印方向になるはずですよね。
    それがあろうことに逆になっている!

    一体いつからか・・・CDPの修理に出した時にさかのぼれば1年半前???

    それ以外にあったとしても半年前????でも外した記憶がないし・・・

    繋ぎ変えたところツイーター交換後初めてといっていいくらいすっきりした音になりました。高音の割れも直っている!

    長い間デジタルケーブル(デンテック)を逆流させていた影響って線自体にあるのでしょうか?

    方向性の大切さを痛感いたしました。

    これほどまでに、音が違うのですね。

    でも、こんなオーディオ素人の私はそのうち、除名されても仕方ないなあ・・・・

    本当に、今まで気がつかないなんて情けないですよねぇ・・・・・・
引用返信

▽[全レス37件(ResNo.33-37 表示)]
■986 / ResNo.33)  お帰りなさい!
□投稿者/ kaoru-I -(2005/11/13(Sun) 16:11:43) [ID:y1TJneqG]
    No979に返信(西宮@津田さんの記事)
    > ■No978に返信(kaoru-Iさんの記事)
    >>■No977に返信(セプ太さんの記事)
    >>>>お手上げかと半ば諦めかけていたところ、粘り腰の店長が振動板とエッジの間に髪の毛が入るくらいの隙間を発見してくれました。
    >>>>接着不良なら温度によって変化するのも理解出来ますし、どうやら私は難しく考えすぎていた様です。
    > >>
    > >>なんと、エッジと振動板の接着でしたか。最近の国産のものは一体成型のものが多いので、そこには着目していませんでした。帰宅が楽しみですね。
    > >
    > 本当に良かったですね!!  それにしても、松岡店長さん 天晴れですね!!
    > 何としても、原因を見つけるんだという執念が、実を結んだんですね。
    > あの何とも言えない音場を聴けるというのは、得がたいものですからね。
    >
    >>わあ〜ッ!本当ですか?
    >>原因がついに解ったんですね!
    >>
    >>本当に、本当に嬉しいです!!!!!
    >>ありがとうございます!!!!!
    >>
    >>長い道のりでしたが、いい体験をしました。
    >>また皆さんに色々ご心配頂いてありがとうございました。
    >>
    >>楽しみに待っております!
    >>
    > 戻ってきたら、是非聴かせてください。

    今日晴れて広島より戻って参りました!
    バンダースティーンをまともに聴くのは実に半年ぶりくらいでしょうか。
    ここ数年に渡って本当の原因を解決していなかったことを思うと、やっと本来の音が聴けるようになり大変嬉しいです。
    かつて一度も綺麗に聴いたことがなかった、アンドレアス・ショル(カウンターテナー)のたった1箇所の高音部の割れが、
    見事に美しく響き渡り、完全復活したことを実感!(これは、CDのせいにして諦めていました。)
    僅かながらバージョンアップもしていただいたので、また聴いてやってくださいね。

引用返信
■987 / ResNo.34)  良かったですね・・・!
□投稿者/ 山本紘市 -(2005/11/14(Mon) 16:36:10) [ID:n1FrXtgK]
    半年聴けなかったとはさぞかし大変でしたね。 改めてセッティングも見直し今まで以上の再現を目指してください。
    またお邪魔させていただきますので宜しくお願いします。

引用返信
■988 / ResNo.35)  Re[13]: 良かったですね・・・!
□投稿者/ kaoru-I -(2005/11/14(Mon) 20:42:28) [ID:y1TJneqG]
    No987に返信(山本紘市さんの記事)
    > 半年聴けなかったとはさぞかし大変でしたね。

     そうそう!!大変でした。だから、今の喜びはひとしおです。

    > 改めてセッティングも見直し今まで以上の再現を目指してください。

     すべてをリセットしたのでまた色々ご指導ください。
     でも、今までよりも遥かに良い音が出ています。
     本来の姿を現してきたんだなと感動しています。

    > またお邪魔させていただきますので宜しくお願いします。

     是非、こちらこそお願いします。
     もう一度聴きなおしてもらえたら、スピーカーもさぞかし嬉しいと思います。



引用返信
■989 / ResNo.36)  Re[14]: 良かったですね・・・!
□投稿者/ 山彦 -(2005/11/14(Mon) 21:00:35) [ID:SACZzR99]
    >>半年聴けなかったとはさぞかし大変でしたね。
    >  そうそう!!大変でした。だから、今の喜びはひとしおです。
    >>改めてセッティングも見直し今まで以上の再現を目指してください。

    半年も聴けないなんて自分では考えられません。
    この喜びはひとしおでしょうね。

    >  すべてをリセットしたのでまた色々ご指導ください。
    >  でも、今までよりも遥かに良い音が出ています。
    >  本来の姿を現してきたんだなと感動しています。

    この前向きさがとてもいいですね。
    今まで以上の音を大事にしていってくださいね。
引用返信
■990 / ResNo.37)  Re[15]: 良かったですね・・・!
□投稿者/ kaoru-I -(2005/11/14(Mon) 21:21:23) [ID:y1TJneqG]
    > この前向きさがとてもいいですね。
    > 今まで以上の音を大事にしていってくださいね。

    本当にありがとうございます。
    何よりも、今回相当な時間を費やしてくださった社長や、店長さんに感謝申し上げます。
    だから尚更、大事に使っていきたいと思います。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-29] [30-37]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■850 / 親記事)  オペアンプあれこれ
□投稿者/ 信川 -(2005/08/23(Tue) 02:56:22) [ID:m20Qc7qO]
    DACを自作してから再確認できたのですが、デジタル信号と言えども、最終的に
    アナログ信号に変換してからでないと聞くことは出来ない。つまりDACに関して
    もアナログ部分がその音に大きく影響することが解りました。
    自作DACのアナログ部分は、オペアンプでIV変換とローパスフィルター形成し
    ています。つまりこのオペアンプを交換することによって、音質の変化を楽しむこ
    とが出来るのです。

    今回興味があって、何種類かのオペアンプを試してみることにしました。

    TL071CP・・・http://focus.ti.com/lit/ds/symlink/tl071.pdf
    NE5534AP・・http://focus.ti.com/lit/ds/symlink/ne5534a.pdf
    OPA134PA・・http://focus.ti.com/lit/ds/symlink/opa134.pdf
    OPA627BP・・http://focus.ti.com/lit/ds/symlink/opa627.pdf
    AD8065AR・・http://www.analog.com/jp/prod/0,,759_786_AD8065,00.html

    上の3つはパーツショップの店頭でも手に入るものです。
    下2つは通販や直輸入で手に入れることになります。
    上4つはテキサス・インスツルメント社の製品。
    AD8065はアナログ・デバイセズの製品です。

    TL071は汎用のオペアンプです。
    NE5534は古くから知られるローノイズアンプです。
    OPA134はオーディオ用を謳ったローノイズのアンプです。
    OPA627は計測器や高性能オーディオ用を目的とするローノイズ、ハイスピード
    アンプです。
    AD8065はハイスピード、低歪みのアンプです。

    これらをとっかえひっかえ試聴してみることにしましたのでレポートします。

引用返信

▽[全レス21件(ResNo.17-21 表示)]
■885 / ResNo.17)  Re[9]: やはりね
□投稿者/ 信川 -(2005/09/12(Mon) 03:07:55) [ID:m20Qc7qO]
    No884に返信(小太郎さんの記事)
    >>現時点ではオランダのLcAudioでないと手に入らないと思います。
    > いま覗いてみましたが、見つかりません。
    > もう、製造してないのでしょうか?

    ほんと!無くなっていますね!
    今は”ZAPfilter2”と言う形でさらに高精度のアナログ出力を
    得ようとしているみたいですね。

    これも興味有るなぁー・・

    でもIV変換のオペアンプ交換と、出来ればそれに係わる抵抗を高精度なものに
    交換するほうが手軽に高音質が狙えますね。

引用返信
■886 / ResNo.18)  Re[10]: やはりね
□投稿者/ 小太郎 -(2005/09/12(Mon) 08:38:57) [ID:W6T7fn11]
    とりあえず、AD8066(デュアル)を頼みました。
    シングルのAD8065と違いがあるのでしょうか?
    皆さん、シングルを2個使っているようで・・・。

    それと、電源にディップマイカを付けてありますが、何の効果がありますか?
    また、容量は?
引用返信
■887 / ResNo.19)  Re[11]: やはりね
□投稿者/ 信川 -(2005/09/13(Tue) 00:49:27) [ID:m20Qc7qO]
    No886に返信(小太郎さんの記事)
    > とりあえず、AD8066(デュアル)を頼みました。
    > シングルのAD8065と違いがあるのでしょうか?
    > 皆さん、シングルを2個使っているようで・・・。

    2回路入りのオペアンプの使い方ですが、それぞれをRとLの
    アンプとして使用しているものや、片チャンネルで別々の機能
    として使用したりと様々です。
    オーディオパワーアンプでは、ステレオよりデュアルモノ、
    デュアルモノよりモノラルアンプの方が概して性能が良いことを
    考えると自ずと判りますね。

    しかしデータシートの上では全く同じ性能になっています。

    > それと、電源にディップマイカを付けてありますが、何の効果がありますか?
    > また、容量は?

    容量はどうなんでしょうか?
    これはちょっと調べてみないといけませんね。
    (どなたかご存じ?)
    電源に入れるのは、やはりアナログアンプですから電源電圧の変動を
    抑えるためでしょうね。
    データシートを眺めているとその他の端子間に使う場合もあるようです。
    数pFですが、小信号の入力に対してのオーバーシュートを抑えるため
    みたいです。が、スルーレートは落ちます。

    それにしてもディップマイカは高いですねー!!
    1個300円以上です・・

    小太郎さん、よろしかったら結果の方を教えてくださいね。

引用返信
■888 / ResNo.20)  Re[4]: AD8065をLPFに
□投稿者/ 信川 -(2005/09/13(Tue) 01:16:30) [ID:m20Qc7qO]
    No861に返信(信川さんの記事)
    > 演奏の密度が濃ければ濃いほど、録音鮮度が良ければ良いほどこのオペアンプの
    > 実力は発揮できるのではないでしょうか。

    もう2つAD8065を作って、LPFのOPA627を交換しました。

    これがまた凄い変化なんです!
    ここでもスピードの違いがそのまま音になって現れました。
    たかがLPF「あんまり変わらんだろう」と思っていましたが完璧に
    覆させられました。
    音場より音像に影響を与えるみたいで、アタックが更にしっかり出て
    きました。


引用返信
■889 / ResNo.21)  Re[5]: AD8065をLPFに
□投稿者/ F320 -(2005/09/13(Tue) 06:04:55) [ID:haftN1IH]
    No888に返信(信川さんの記事)
    > ■No861に返信(信川さんの記事)
    >>演奏の密度が濃ければ濃いほど、録音鮮度が良ければ良いほどこのオペアンプの
    >>実力は発揮できるのではないでしょうか。
    >
    > もう2つAD8065を作って、LPFのOPA627を交換しました。
    >
    > これがまた凄い変化なんです!
    > ここでもスピードの違いがそのまま音になって現れました。
    > たかがLPF「あんまり変わらんだろう」と思っていましたが完璧に
    > 覆させられました。
    > 音場より音像に影響を与えるみたいで、アタックが更にしっかり出て
    > きました。

    OPアンプにとって過酷な条件、1:1で増幅しない回路の方が音質に対する影響は大きいと思います。
    >
    >
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-19] [20-21]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■1274 / 親記事)  スピーカー再生で思うこと。。。。
□投稿者/ 岩崎(箕面) -(2006/07/06(Thu) 17:33:31) [ID:3YBasPTT]
    皆さんも同じように感じられていると思いますが
    オーディオ装置のなかでも完成度の低いのがスピーカーですね。
    このスピーカーの進歩が全くと言っていいほど無いのが現実です。
    同時にこんなスピーカーで再生するのですからルームアコースティックや
    その他アクセサリーで音をまとめようとしたり、お金と苦労が絶えません。
    そこでもう一度物理的電気的なとらえ方で問題点を検討し、アプローチをして
    新しい音質アップのやり方を模索すべきではないかと考えています。
    根本的な大きな問題に目を向けずに端っこの問題をいじっても
    所詮なんか変わったと言うことでしかないのではないでしょうか。
    (変わったことと良くなったはイーコールではないのですが。。。。
                    しかし。。。これも趣味の内か?)
    この根本で大きな問題と考えられることの解決に用いることの出来る技術も
    いくつかできあがって来ており、
    今、その技術の導入と機器の改良テストを繰り返しています。

    二つの大きな課題
    1)クロストーク
    ・スピーカーからでた音のクロストークです。
     5000Hzから上はの音は人の聴覚構造や頭部の構造から
     自ずとクロストークを除けるようになっていますが
     5000Hz以下の音は聴覚認識、脳内処理レベルで
     かなりのクロストークが発生しているのが現実で、
     これにより音場が狭くなります。
     いくら録音の良いワンポイント録音でもフルオーケストラの音場が
     再現出来ないのはこれが大きな要因の一つです。
     奥行き感も同じでユニット間の位相の不整合などが主原因ではなく
     クロストークの発生によるステレオ感の喪失によるものです。 
      スピーカーに出力するまではアンプにしろ他の機器は
     かなりの低クロストークが実現されているのにスピーカ以後のクロストークは
     いっこうに改善されない状況です。
     ルームアコースティックチューニングを上手にすると
     このクロストークを減少させ、音場を広げる事が
     可能ですが非常に試聴位置が限定される傾向にありますし完璧とは言えません。
     (ルームアコースティックチューニングで輻射や位相と言ったことが出てきますが、
     それらも本質的にはこのクロストークの改善を多く含んでおり、
     音場拡大効果となっているといえるかと思います。
     チューナーが意識しているかどうかは別ですが。。。)

    2)ヤングの干渉
      「2箇所の異なる位置から発生した波がぶつかる箇所で激しい凹凸のある波が
     新たに発生する」という現象です。
     皆さんも経験があると思いますが風のない静かな池に2個の石を同時に落とすと
     その波紋が広がり重なるところで複雑な波となるのと同じです。
     音の場合は2台のスピーカーから出た音がちょうど耳の位置でぶつかると、
     元々の音楽ソースには含まれていない高音域の音や歪みが発生し、
     音が濁ってしまう現象となります。
     実際はこの部分を聴いているのにユニットの歪みと判断されて
     苦労されている可能性も十分あります。

    以上の2つの課題を根本から物理的、電気的にクリアできる方法が
    実現されつつあります。
    2)の技術に関しては米国アラバマ大学の日本人教授が特許をとられるようです。
    詳しいことは特許の関係で詳しく書くといけないようですが
    いずれ発表されると思いますので注目して頂ければいいかなと思います。
    スタジオモニターにもこの技術は応用されようとしているようです。

    一年ほど前から、こういった点を研究課題として
    これに関わる技術を入れての再生調整を試みています。
    まだ完成していませんでしたのでテストの時だけしか使用しておらず
    まだどなたにも聞いてもらっていません。そう、秘密裏の計画なのです。
    で、、、結果ですが
    これが本当に録音された音だと感じることの出来る再生が可能であるようです。
    スピーカー単体での進歩が期待できないのであれば
    それを補う電気的、物理的技術の進歩を早く取り入れ、
    オーディオ再生の次元をあげていかなければと思います。
    いま本格的に導入と調整を進めています。

    物理学的、電気的に論拠のない物でも気合いと根性と楽しみで導入し
    良くなったと一喜一憂するのも趣味かとも思いますが
    (こういった物はダブルブラインドテストをするとすぐに反省に変わります。。。ですね)
    旧来からのオーディオ技術の枠にとらわれずに
    今考えられる、今できる一歩を考えると
    今のチャレンジ目標はこうなったというお話です。

    分かり切ったようなことを長々と書いてしまいました。
    長文お付き合いありがとうございました。

    他に技術的進歩等があればお教えください。
    ここはそんな場ではないのかと思い投稿させて頂きました。


    いろんなアプローチの仕方やご意見もあろうかと思います。
    こういった課題にご興味のある方は直接メールでご連絡頂いても結構ですので
    よろしくお願いします。
    (ただ、けんかは御法度です。私は特に弱いから。。
     メール先は上部の@マークです。)
     


     

引用返信

▽[全レス18件(ResNo.14-18 表示)]
■1316 / ResNo.14)  Re[14]: ホーンですか。
□投稿者/ セプ太 -(2006/08/21(Mon) 17:37:34) [ID:MRPKtNCm]
    >とりあえず、あくまで軽い振動系で確実な制御がテーマのつもりです。

    そう!しかし、何事も理想通りにはいかないのですよね。軽い振動板の場合、強度とは反比例します。ボイスコイルの上下運動を、
    コーン紙の中心から外周まで全く同じ様に動かす事は不可能なんですね。分割共振まで行かなくても完全な剛体としての振る舞いは
    難しい様です。又薄い振動板の場合箱の中の遅れた音がコーン紙を通して外に聞えるのも弊害です。

    重くても剛性のある振動板を、駆動力のあるアンプや磁気回路できちんとドライブするというアプローチもひとつの方法かと思います。
    特にデジタルアンプを聴いてその感が強くなりました。

    理想は軽くて、強くて、透過性の無い材質のコーン紙なんですけどねえ。
引用返信
■1317 / ResNo.15)  Re[14]: ホーンですか。
□投稿者/ musee -(2006/08/21(Mon) 22:14:21) [ID:u2OxsnnL]
    No1314に返信(岩崎(箕面)さんの記事)
    > ■No1311に返信(museeさんの記事)
    > こんにちは、museeさん。
    >
    > >>museeさんの言われる3種類の素材とは何ですか。
    > >>何か成功例はありますか?あれば教えてください。
    > >>よろしくお願いします。
    >>岩崎さんが言われるように、ホーンは巧くしないと確かにタイムラグがうまれます!と言うか素材の共振がそのまま乗りますね!ですがこの共振をクリアーにすると
    >>タイムラグ少なくなった気がします。
    >>3種類の素材ですがこれが多々あり、米松、チーク、桜、ホワイトアッシュなどの組み合わせ、どれがどうといえませんが古いイギリス、ドイツ、アメリカのSPのオリジナルエンクロージャーが素材は違えど申し合わせた様に、3種類の違う木で組まれていることに驚きました。
    >
    > 米松はよく見ますが海外のエンクロージャーがそんな風になっている事を
    > 良く見つけられましたね。私は正直知りませんでした。
    > 面白いですね。
    > >
    > >また、同じユニットで素材だけ違えたエンクロージャーで自分も試してみまし>た。以前は、一時期米松信者になり、米松だけと思ってましたが、横は米松、裏を桜、前をホワイトアッシュにすると、音のなり方が全く違いました。すごく自然になり、小さなスピーカーなのに、コントラバスの低音の揺らぎが聞こえました。
    >>
    > 実験もされたわけですね。やりますね。
    > 3種類の違う堅さの持つ固有共振点を重ね合わすことで
    > 箱の共振点の分散をして自然感を出すのでしょうか?
    > 制振の方向ではなく箱の共振を利用する方法の様に思いますがどうでしょうか。
    > 積極的な音作りをする方向のテクニックになるのでしょうか。
    > なるほどそう言う手もあるかと感心する例ですね。
    > 私はどちらかというと制振して共振などの影響から音を解き放つ方向を考えてしまいます。ただ箱などの振動を止めてもユニットが出す音が正確かどうかも問題ですから複雑ですが。とりあえず、あくまで軽い振動系で確実な制御がテーマのつもりです
    制振重要ですね、また軽い振動系で制御されたユニットが一番ですね!
引用返信
■1318 / ResNo.16)  Re[15]: ホーンですか。
□投稿者/ musee -(2006/08/21(Mon) 22:40:27) [ID:u2OxsnnL]
    No1316に返信(セプ太さんの記事)
    > >とりあえず、あくまで軽い振動系で確実な制御がテーマのつもりです。
    >
    > そう!しかし、何事も理想通りにはいかないのですよね。軽い振動板の場合、強度とは反比例します。ボイスコイルの上下運動を、
    > コーン紙の中心から外周まで全く同じ様に動かす事は不可能なんですね。分割共振まで行かなくても完全な剛体としての振る舞いは
    > 難しい様です。又薄い振動板の場合箱の中の遅れた音がコーン紙を通して外に聞えるのも弊害です。
    >
    > 重くても剛性のある振動板を、駆動力のあるアンプや磁気回路できちんとドライブするというアプローチもひとつの方法かと思います。
    > 特にデジタルアンプを聴いてその感が強くなりました。
    >
    > 理想は軽くて、強くて、透過性の無い材質のコーン紙なんですけどねえ。

    剛性があり、軽くて、強い 、コーン紙を使ったSPは、ザクセンウエルケ、クラーツ、REMA、フンクベルク、クラングフィルム、テレフンケン、カールツライス、ウエスタン、マグナボックス、ジェンセンなどのフィールドSPやその後すぐの、フィクスドエッジのSPなどがあると思います。
引用返信
■1320 / ResNo.17)  Re[16]: ホーンですか。
□投稿者/ 岩崎(箕面) -(2006/08/22(Tue) 13:19:56) [ID:3YBasPTT]
    No1318に返信(museeさんの記事)
    セブ太さんの言われるとおりで、理想は軽くて、強くて、透過性の無い材質のコーン紙ですね。
    透過性の話しは別の問題とも関係するので後回しにしても、確かに分割振動関連が
    大変問題です。今のユニットに対策し理想の状態に持って行こうとしても限界部分が出てきますね。ただ限界部分は比較的大音量時に発生しているため、人間の感知力のファジーさである程度回避しているだけですね。
    それと分割振動を起こした時の挙動変化の度合いです。中途半半端に硬性をあげたユニットは固有振動の関連で崩れが極端に来ますのでかえって良くない場合があります。固有振動を再生帯域外で設定すればいいのですが、それによっての再生幅域が限定られてしまうと言うジレンマがあります。うまく逃がしてやるような作りのユニットの方が現状では結果がいいようですね。車と一緒で限界点を超えた時の挙動の良さがコントロール(性能)を決めます。
    >
    > 剛性があり、軽くて、強い 、コーン紙を使ったSPは、ザクセンウエルケ、クラーツ、REMA、フンクベルク、クラングフィルム、テレフンケン、カールツライス、ウエスタン、マグナボックス、ジェンセンなどのフィールドSPやその後すぐの、フィクスドエッジのSPなどがあると思います。

    う〜ん。museeeさんがあげられてるのより、もっと堅くて軽いのが必要かもしれませんね。
    ふと思いつく範囲では今度でたDS−MA1(ダイヤトーン)のミッドレンジの様な物でで6半ユニットを是非出してもらいたいなと思います。
    この辺の技術はダイヤトーンはかなり持っていると思いますから期待しています。
    再生帯域100Hz〜5000Hzのもの。。。人の声をキッチリ再生の出来るものみたいな感じです。(500Hzくらいにクロスオーバーをとると必ず人の口が大きくなるソフトが出てきますので100Hzまでのカバーが希望ですね。)

引用返信
■1324 / ResNo.18)  Re[17]: ホーンですか。
□投稿者/ musee -(2006/08/22(Tue) 23:36:40) [ID:I2xxUOWa]
    No1320に返信(岩崎(箕面)さんの記事)
    > ■No1318に返信(museeさんの記事)
    > セブ太さんの言われるとおりで、理想は軽くて、強くて、透過性の無い材質のコーン紙ですね。
    > 透過性の話しは別の問題とも関係するので後回しにしても、確かに分割振動関連が
    > 大変問題です。今のユニットに対策し理想の状態に持って行こうとしても限界部分が出てきますね。ただ限界部分は比較的大音量時に発生しているため、人間の感知力のファジーさである程度回避しているだけですね。
    > それと分割振動を起こした時の挙動変化の度合いです。中途半半端に硬性をあげたユニットは固有振動の関連で崩れが極端に来ますのでかえって良くない場合があります。固有振動を再生帯域外で設定すればいいのですが、それによっての再生幅域が限定られてしまうと言うジレンマがあります。うまく逃がしてやるような作りのユニットの方が現状では結果がいいようですね。車と一緒で限界点を超えた時の挙動の良さがコントロール(性能)を決めます。
    >>
    >>剛性があり、軽くて、強い 、コーン紙を使ったSPは、ザクセンウエルケ、クラーツ、REMA、フンクベルク、クラングフィルム、テレフンケン、カールツライス、ウエスタン、マグナボックス、ジェンセンなどのフィールドSPやその後すぐの、フィクスドエッジのSPなどがあると思います。
    >
    > う〜ん。museeeさんがあげられてるのより、もっと堅くて軽いのが必要かもしれませんね。
    > ふと思いつく範囲では今度でたDS−MA1(ダイヤトーン)のミッドレンジの様な物でで6半ユニットを是非出してもらいたいなと思います。
    > この辺の技術はダイヤトーンはかなり持っていると思いますから期待しています。
    > 再生帯域100Hz〜5000Hzのもの。。。人の声をキッチリ再生の出来るものみたいな感じです。(500Hzくらいにクロスオーバーをとると必ず人の口が大きくなるソフトが出てきますので100Hzまでのカバーが希望ですね。)

    まだDS−MA1は聴いたことないですが、ダイヤトーン良いですね!中学生の時はじめて買ったSPがダイヤトーンでした。
    科学的でないのですが、わたしの良いSPの見分けかたは、まずコーン紙を軽く叩いて、パンパンしているもの。音をだして、SPの前面の両サイドを手で押し、そのままでも鈍らない、沈まない、音に変化がない事。また、その手をはじくが、コーン紙事態はあまり前後していないSPです。
    >
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-18]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■1147 / 親記事)  Lo-D  HS-500
□投稿者/ 津田@西宮 -(2006/04/10(Mon) 23:41:41) [ID:8J0UlRAa]
    近くの日立のお店に20年近く置いてあった Lo-D HS-500 を手に入れました。
    これは発売当時から気になる存在でした。あの阪神大震災も落下することなく乗り越えた強者です。
    接続されることなく、店の棚の上にひっそりと置かれたままだった物です。箱の程度もとても良く、ユニットも良い状態だと思います。
    今日の早朝職場に運び込み、準備室にセットし音を出しました。
    初め(7:45)は寝ぼけたような音だったのですが、CDプレーヤーをリピートでかけ続けておきました。
    仕事が終わった19:00過ぎに聴いた音は、朝のそれとは全く違う乳母らしい物になっていました。
    有名なギャザードエッジの20pウーハーと、ホーン・トゥイーターの2ウエイらしい音の繋がりの良さを聴くことができました。
    明日もエージングに励みます。

引用返信

▽[全レス14件(ResNo.10-14 表示)]
■1158 / ResNo.10)  Re[3]: 中学入学祝
□投稿者/ 山彦 -(2006/04/14(Fri) 21:06:20) [ID:ygZ3SV8r]
    > 小学生の頃トリオのセパレートステレオを使っていましたが、中学入学祝にこのダイヤトーンDS-251を買って貰いました。
    > HS-500は確か3倍位高くって高嶺の花でしたね・・・。セパレートから脱却できただけでも周りからは羨望のまなざしでした。

    なつかしいですね。
    私が中学生時代にDS-251MarkUがあったように記憶しています。
    このスピーカーは欲しかった一番候補のスピーカーでした。
    でもその当時はわたしにとっては高嶺の花でした。
    買ってもらえるとは・・・うらやましい限りですね。
    その頃はポンコツ屋で100円のスピーカーを外して買って来て自分で箱を創ってバスレフや密閉の音を楽しんでいた時代です。
    今となれば良き時代と言えるかもしれませんね。
引用返信
■2779 / ResNo.11)  Re[4]: Lo-D  HS-500
□投稿者/ 津田@西宮 -(2009/02/05(Thu) 21:20:16) [ID:8J0UlRAa]
    > ■No1151に返信(山本紘市さんの記事)
    > >>写真のスピーカーですね、懐かしい・・・。 ホーン・トゥイーターはH-70HDという型番で当時35,000円で単品販売されましたね。
    >>
    >>確か、1970年頃の発売でしたよね。35年物ですか・・・。
    >>しかし、ウーファーは20cm口径でありながらボイスコイルは10cmもあったりしてホーントゥイーターに
    >>負けない物でしたよね。 私も懐かしいです。 でも今まともに鳴る物があるとしたら凄いですね。
    >
    > 専門のオーディオショップに中古として置かれたなら、あっと言う間に売れていたと思います。
    > これが、家の近くのある電気屋さん(日立の特約店)に有ったのが幸いしました。(実は、もう一世代あとの名器HS-400も綺麗な姿で残っています。)
    > ベクトルのアンプ9510、マランツCD880J、初期サウンドデン銀線ラインケーブル、スピーカーケーブル SCSP-20 でエージング中です。
    > 素性の良い物で鳴らしていますので、結構まともに鳴り始めていると思います。
    > ジャズもクラシックもOKです。ピアノやシンバルの立ち上がりが見事になってきました。
    > 低域の反応がまだまだ時間が掛かるのではないかと思います。
    > 30年以上も前の製品だと言うことで、F320がいつも仰るようにコンデンサーやコイル、配線材などが劣化していると思います。
    > いずれは、私の経済力の許される範囲でデンテックチューニングをと思っています。

    この記事を書いてから 2年以上過ぎました。
    いま、職場にある HS-500 は、想像も出来なかったラインナップで鳴っています。
    つい先日購入したUA-1(光アッテネーターが出たお陰で沢山の中古が出た中の一つ)、NCD1が我が家のメインになったため暫く働く場所がなかったZAP2.3デンテックによって、驚くばかりの鳴り方に変化しました。
    このラインナップにして約2週間 CDをリピート状態でずっと鳴らし続けてきました。
    この HS-500 はずっと店頭に置きっぱなしであったもので、私の元に来て初めてまともに鳴らし込みが始まりました。
    この度 デンテックアッテネーターとZAP2.3によって、本当のエージングが進んでいるようです。職場の私の準備室で鳴らしていますが、楽器の音色 定位 ステージの奥行き 高さ 等々が抜群です。
    今日もオルフェウス室内管弦楽団のCDや クイケンの古楽器の演奏 バッハのクリスマス・オラトリオなどを聴いていますと、クラブの生徒が聴かせて下さいと入ってきました。
    再現される楽器の音が生々しいです 家で聴く音は平面的でこんなものだと思っていましたが 演奏する人の気持ちまでが伝わって来ますね.... と驚きを隠せない様子でした。
    最後に キャスリーン・バトル と ジェシー・ノーマンのカーネギーホールでの黒人霊歌のライヴCDを聴かせましたら、感動で涙を溜めて聴いていました。

    音楽の授業でアメリカの黒人の歴史や 奴隷について キング牧師のこと サッチモのこと等について時間をかけて伝えてきました。
    そしてまた、音楽が生まれる背景について学習してきた生徒たちが、このHS-500が奏でる音に感動してくれる様子を見て、本当にこのスピーカーを手に入れて良かった と思いました。
    そして デンテック製品の底力を改めて感じさせられている毎日です。 藤本社長に感謝です!

引用返信
■2783 / ResNo.12)  Re[5]: Lo-D  HS-500
□投稿者/ 信川 -(2009/02/08(Sun) 02:52:32) [ID:OCWrJVnI]
    No2779に返信(津田@西宮さんの記事)
    > 音楽の授業でアメリカの黒人の歴史や 奴隷について キング牧師のこと サッチモのこと等について時間をかけて伝えてきました。
    > そしてまた、音楽が生まれる背景について学習してきた生徒たちが、このHS-500が奏でる音に感動してくれる様子を見て、本当にこのスピーカーを手に入れて良かった と思いました。
    > そして デンテック製品の底力を改めて感じさせられている毎日です。 藤本社長に感謝です!


    私も中学の時に、こんな授業を受けていたら、少しは人生が変わっていた
    かも知れません。音楽室に有ったのは、コロンビアかどこかのモジュラー
    ステレオだったもんなぁー しかもレコードは放送室と共有だったような
    気がします。

引用返信
■2785 / ResNo.13)  Re[6]: Lo-D  HS-500
□投稿者/ 津田@西宮 -(2009/02/08(Sun) 21:54:54) [ID:8J0UlRAa]
    No2783に返信(信川さんの記事)
    > 私も中学の時に、こんな授業を受けていたら、少しは人生が変わっていた
    > かも知れません。音楽室に有ったのは、コロンビアかどこかのモジュラー
    > ステレオだったもんなぁー しかもレコードは放送室と共有だったような
    > 気がします。
    >

    信川さん 誉めていただいて光栄です(ちょっと照れくさいですが)
    私が中学校で音楽の教師をしたいと思ったきっかけを下さったのが、中学校の恩師 吹奏楽部の顧問で音楽の 故 Y 先生でした。
    Y 先生は大学生の頃 進駐軍のキャンプでジャズピアノを演奏したり ライヴスポットで即興演奏をされるなどの経験を積んでこられました。
    そして、クラシックピアノを弾かせたら(専門は声楽家)抜群の腕前!
    その様な先生の授業は、私にとって目から鱗以外の何ものでもありませんでした。
    文部省唱歌のイントロがジャズ風で始まったり エンディングがバッハ風になったり 音楽の楽しみ方を本当に沢山教えて下さいました。

    教師になった私は Y 先生のように自分の得意なことを如何に活かせるかを考えながら日々を送ってきました。
    まだまだ Y 先生には遠く及びませんが こんな私の拙い授業でも一生懸命についてきてくれる生徒たちが居ます。
    その生徒たちに本物の演奏とはどの様なものかを体感して貰うために私のオーディオの趣味が大いに生かされています。
    授業の中で、少しでも彼等が感動してくれる瞬間を見せてもらえるとき私は Y 先生を何時も思い出します。
    私の教師生活もあと4年余りです。
    Y 先生は 私がいま勤めている学校で退職されました。
引用返信
■2786 / ResNo.14)  Re[2]: お〜!懐かしい
□投稿者/ 津田@西宮 -(2009/02/08(Sun) 22:00:22) [ID:8J0UlRAa]
    No1150に返信(F320さんの記事)
    >>有名なギャザードエッジの20pウーハーと、ホーン・トゥイーターの2ウエイらしい音の繋がりの良さを聴くことができました。
    >>明日もエージングに励みます。
    >
    > このウーハーは只者ではありません。
    > 私のアマチュア時代、国産でまともに聴けるスピーカーは殆どありませんでしたが、これは別格でしたよ。
    >

    何れは このウーハーとホーン・トゥイーターがもっと生き生きと歌えるようなチューニングをと思っています。 しかも 最低限の出費で。
    その時は 社長 相談に乗ってください。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-14]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■3315 / 親記事)  DSD配信
□投稿者/ セイレーン -(2010/08/31(Tue) 00:09:16) [ID:DiHc6yrY]
引用返信

▽[全レス13件(ResNo.9-13 表示)]
■3341 / ResNo.9)  Re[9]: DSD配信
□投稿者/ 信川 -(2010/09/17(Fri) 00:52:29) [ID:OCWrJVnI]
    No3340に返信(信川さんの記事)
    >
    > 再開していました!
    > でも気がついたときは”残り3枚”だって・・・
    > とりあえず注文したけど、残ってたかなぁー

    売り切れてましたーー!で、
    次回配布時に回してもらいました。

引用返信
■3342 / ResNo.10)  Re[10]: DSD配信
□投稿者/ セイレーン -(2010/09/17(Fri) 23:23:13) [ID:DiHc6yrY]
    No3341に返信(信川さんの記事)
    > ■No3340に返信(信川さんの記事)
    >>
    >>再開していました!
    >>でも気がついたときは”残り3枚”だって・・・
    >>とりあえず注文したけど、残ってたかなぁー
    >
    > 売り切れてましたーー!で、
    > 次回配布時に回してもらいました。
    >

     えっ、出てたのですね!? でも、すぐに売り切れるとは・・・。

     ちゃんと製品化されたらいいのになぁ、と思いますねぇ〜。

引用返信
■3345 / ResNo.11)  Re[11]: DSD配信
□投稿者/ 仕事中の信川 -(2010/09/19(Sun) 13:43:27) [ID:e2pzxh4c]
    No3342に返信(セイレーンさんの記事)
    >  えっ、出てたのですね!? でも、すぐに売り切れるとは・・・。
    >
    >  ちゃんと製品化されたらいいのになぁ、と思いますねぇ〜。

    そうですねぇー
    今頃内容を確認しているのですが、
    じっくり読んでみると、そうとう気合いが入っていますね。

    あの基板は、デジタル出力迄ですね。
    今使っている自作DACは48kHzまでですから、本格的にやろうとすると
    もっと高性能なDACが必要です。

    誰か作ってくれないですかねぇーー・・・
    あっ!誰か「こだわりの逸品」の設計が出来た!なんて言ってた
    人が居ましたよね。えーーっと誰だったっけなぁー?

引用返信
■3346 / ResNo.12)  Re[12]: DSD配信
□投稿者/ セイレーン -(2010/09/20(Mon) 22:14:41) [ID:DiHc6yrY]
    No3345に返信(仕事中の信川さんの記事)
    > ■No3342に返信(セイレーンさんの記事)
    >> えっ、出てたのですね!? でも、すぐに売り切れるとは・・・。
    >>
    >> ちゃんと製品化されたらいいのになぁ、と思いますねぇ〜。
    >
    > そうですねぇー
    > 今頃内容を確認しているのですが、
    > じっくり読んでみると、そうとう気合いが入っていますね。
    >
    > あの基板は、デジタル出力迄ですね。
    > 今使っている自作DACは48kHzまでですから、本格的にやろうとすると
    > もっと高性能なDACが必要です。
    >
    > 誰か作ってくれないですかねぇーー・・・
    > あっ!誰か「こだわりの逸品」の設計が出来た!なんて言ってた
    > 人が居ましたよね。えーーっと誰だったっけなぁー?
    >

     えっ、そんな便利な DAC くれる人、誰かおるんですか!?(笑)

     ・・・いや、状況的に笑ってられませんわ。急いで CAD、CADと。(汗)
    それにしても、もう少し手っ取り早く引けたら良いんですけどね。。。
    バランスが難しい・・・。
引用返信
■3347 / ResNo.13)  Re[13]: DSD配信
□投稿者/ 信川 -(2010/09/21(Tue) 01:34:36) [ID:OCWrJVnI]
    No3346に返信(セイレーンさんの記事)
    >>
    >>誰か作ってくれないですかねぇーー・・・
    >>あっ!誰か「こだわりの逸品」の設計が出来た!なんて言ってた
    >>人が居ましたよね。えーーっと誰だったっけなぁー?
    >>
    >
    >  えっ、そんな便利な DAC くれる人、誰かおるんですか!?(笑)

    まさか、くれる人は居ないでしょうね。

    >  ・・・いや、状況的に笑ってられませんわ。急いで CAD、CADと。(汗)

    おっ!立候補と見て良いのかな?

    > それにしても、もう少し手っ取り早く引けたら良いんですけどね。。。
    > バランスが難しい・・・。

    ElectrArtさんのところではオペアンプでさくっと終わらせていますね。

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-13]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -