HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■3482 / 3階層)  残響時間
□投稿者/ 横田 -(2013/10/16(Wed) 10:29:09) [ID:yCFjhsy8]
    No1279に返信(岩崎(箕面)さんの記事)
    > ■No1276に返信(F320さんの記事)
    >
    >>セプ太さんの部屋で生演奏を行っても同様の癖が感じられるでしょうか?
    >>装置の癖をどんどん取り除いて行くと、それまで気になっていた部屋の癖が
    >>全く気にならなくなってきます。
    >>これって一体何だと思われますか?
    >>再生装置から生に近い立ち上がり立下り(時間情報)が再現出来る様になると、ある点から部屋の癖が問題ではなくなってくる・・・
    >>むしろ、装置の完成途中で部屋を弄くる事による、問題の複雑化の方が問題ではないでしょうか?
    >
    > セブ太さん、こんにちは。
    > セブ太さんも大変努力されているようで
    > かなりの低音も手に入れられているかとおもいます。
    > 又機会があれば聴かせてください。
    > 皆さんのご指摘を参考に
    > 当方もMFB制御のウーファーを追加して低音の補強をすませました。
    > 変則マルチですね。
    > 又聴いてやってください。
    >
    >
    > F320さんこんにちは
    > とても素晴らしいところを確認されておられますね。
    > まったっく同様に感じています。
    > 良く部屋で兄弟で一緒に演奏(トランペット、ピアノ、マンドリン、クラリネット)したりしたことがありますがそんなに部屋のライブ感だの残響音だの気にしたことはありません。
    > 逆にない方が自然な立ち上がりとハーモニーが出ます。
    > (演奏がうまければですが、、、、腕相応の良さです)
    > こんな観点から見られる方がいたとは心強いです。
    > 本当に生の音を知っておられるのでしょうね。そう思います。
    > 舞台に立った時、演奏する方は
    > いかに自分の音の芯が客席の隅々まで届く様な音色で
    > 出そうかと苦心します。
    > (トランペッットなら曲によってメッキの違った管や絞りの違う管を選択したりもします。)
    > 残響のチューニングなどでのホールトーンは
    > 本当に広いホールで演奏者の音を
    > いかに隅々まで届けうるかの仕事をした結果であるわけです。
    > (おおよそ直接音:間接音=1:9)
    > 狭い部屋においては直接音だけでもしっかりとした音場形成がなされます。
    > (普通の部屋の音の漏れや吸音でちょうど良くなりますし、
    > お風呂みたいなところでは間接音オーバー気味となり吸音の方が必要です。
    > 当然だと思います。)
    > 残響が多いと立ち上がり、立ち下がりとも鈍くなります。
    > あれだけたくさんの第一バイオリンが
    > 実際は位相がバラバラの音を出し、立ち上がりも完璧には揃わないまでも
    > ほとんど同じ立ち上がりに聞こえる事も
    > こういった残響のおかげですから、
    > 想像して頂ければすぐ理解できると思います。
    >
    > 「再生装置から生に近い立ち上がり立下り(時間情報)が再現出来る様になると、ある点から部屋の癖が問題ではなくなってくる」。。。。。これは本当に私が感じていること同じです。だから再生スピードにこだわっています。
    > 和室の6畳でも20畳の洋室でも同じ音が出てきます。
    > 要はリニアリティーと過渡特性の良さが勝負だと思います。
    > 後はソース次第です。
    > (音場に関わる残響音等はソースの中にあります。無い物は後で作っても無理がるのではないでしょうか・・・・・・と思いますが)

    >
    横田です。こちらの書き込みは初めてなので、皆様よろしくお願いいたします。
    セプ太さんご無沙汰しました。F320さんこんにちは。岩崎さん初めまして、こんにちは。

    セプ太さんが、とても興味深い問題を提起され、また、岩崎さんの貴重なご経験に基づくご意見を拝読し、書かせて頂きます。

    オーディオをやっている方の多くの方は、漠然とにせよ、部屋の大事さを主張されている場合が多いのですが、ここ数年、藤本さんにお世話になって、経験的にわかってきたことは、少なくとも私たちが、オーディオを鳴らす部屋がせいぜい10畳とか20畳程度の広さでは、ほとんど関係ないと思うようになりました。(もちろん全くないとは言いませんが、影響はわずかです。)

    それは「再生装置から生に近い立ち上がり立ち下がりが得られる」ようになれば、今まで部屋のせいかと思い込んでいたいろいろな問題点が雲散霧消していくことを体験したからです。

    かつて、12畳ほどの広さの部屋を、遮音工事と室内音響処理をほぼ完全にすることにかかわったことがありますが、当時の技術で低音処理のため、遮音壁から10センチの空間を内壁にとり、約9畳ほどの部屋になりました。残響特性は出来る限りライブにしても、この体積で0.5秒が限界でした。確か、改装前の東京文化会館でも1.8秒くらいのデータだったと思います。ヨーロッパの残響の長いホールでもせいぜい5から6秒だったとおもいます。

    さて問題は残響時間の強弱というより、その質です。一般家庭で低域から高域までフラットな残響特性を実現できるでしょうか?これを実現するには、オーディオルームの建築を音響設計も含め一からやらないと不可能です。

    さらに問題なのは、私たち音楽ファンにとって聴きたいのは、CDにこめられた音楽情報を正確に引き出したい切なる願いがあるにもかかわらず、自室の残響特性が加味されることです。
    乱暴な言い方になりますが、たとえば、ウィーンフィルの大ホールの心地よいデリケートな音の響きを聴こうとして、結果、自室の残響が付帯音として邪魔をしてしまうことになってしまうのです。

    立派なオーディオルームをもてない負け惜しみでもなんでもなく、私の考えでは立派なオーディオルームは要らないと考えています。
    どんな部屋がよいか?難しいことはありません。普通に会話して差しさわりのない生活空間で十分と思います。

    この意味から、「再生装置から生に近い立ち上がり立ち下がり」を獲得するほうが、良い音を得る最大の近道となります。立派なオーディオルームなんて途方もない回り道をしても満足な結果は得られない(というかせいぜい重箱の隅を突っつく程度の結果)というのが現在の私の考えです。

    このように小さな部屋でも十分音楽を楽しめるという結果は多くの音楽ファンにとてかなりの福音ではないでしょうか。かつて立派なオーディオルームがなければという幻想がたいしたことではなかったのですから。

    ひとりよがりの私見ですが、ご参考になればと、書きました。

削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
←Re[2]: 残響時間 /岩崎(箕面) [ID:3YBasPTT] →Re[4]: 残響時間 /信川 [ID:X8OwnlSO]
 
上記関連ツリー

Nomal 残響時間 / セプ太 (06/07/08(Sat) 18:44) [ID:QWduNBx4] #1275
Nomal Re[1]: 残響時間 / F320 (06/07/09(Sun) 07:43) [ID:Uw3tgRf8] #1276
  ├Nomal Re[2]: 残響時間 / セプ太 (06/07/09(Sun) 13:12) [ID:QWduNBx4] #1278
  └Nomal Re[2]: 残響時間 / 岩崎(箕面) (06/07/10(Mon) 10:30) [ID:3YBasPTT] #1279
    ├Nomal Re[3]: 残響時間 / セプ太 (06/07/10(Mon) 14:18) [ID:VGqp7svg] #1280
    │└Nomal 家具 / セプ太 (06/07/16(Sun) 08:59) [ID:VGqp7svg] #1282
    └Nomal 残響時間 / 横田 (13/10/16(Wed) 10:29) [ID:yCFjhsy8] #3482 ←Now
      └Nomal Re[4]: 残響時間 / 信川 (13/10/26(Sat) 12:07) [ID:X8OwnlSO] #3483

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -