HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

No1311 の記事


■1311 / )  Re[12]: ホーンですか。
□投稿者/ musee -(2006/08/20(Sun) 16:43:58) [ID:I2xxUOWa]
    No1306に返信(岩崎さんの記事)
    > ■No1304に返信(museeさんの記事)
    >>すいません、前の書き込み勝手に送られました。消して下さい。
    >>20cmでもウーハー用 ホーンは如何思われますか?
    >>スピードとエネルギーはでます。後箱の素材は?ひとつの素材より3種類の素材を使うとより自然で、エアー感がでます。
    >>
    >>
    > こんばんは、museeさん。
    > ホーンですか。昔からコンクリートホーンなんか良くやってましたね。
    > 当時はホーンの共振点を使い超低域まで抜けた音が出るとして家ごし作ったりしていましたね。
    > ただタイムラグというか音出のタイミングが難しかったかと記憶しています。
    > 20cm位のユニットでもやはり結構大きくなるのでしょうね。
    > ホーンは正直言って、正面からチャレンジしたことがありませんので
    > 考えの中にありませんでした。私が良く相談する方もあまり言いませんね。
    > 大きさがやはりねっくかな〜。
    > これといった参考例でもあればお教えください。
    > それと3種類の材質といわれているのは材質を変えて共振点が変わることでの
    > 箱鳴りを押さえる目的でしょうか。
    > そうそう、今私の所のエンクロージャーも10mmの大理石を左右に張り付けています。できるだけ共振を押さえるためと重量を稼ごうと考えてやりました。

    お〜大理石ですか!聴いてみたいですね!
    > 確かに効果は認められましたので比較的やすい費用でお薦めです。
    > museeさんの言われる3種類の素材とは何ですか。
    > 何か成功例はありますか?あれば教えてください。
    > よろしくお願いします。
    岩崎さんが言われるように、ホーンは巧くしないと確かにタイムラグがうまれます!と言うか素材の共振がそのまま乗りますね!ですがこの共振をクリアーにすると
    タイムラグ少なくなった気がします。
    3種類の素材ですがこれが多々あり、米松、チーク、桜、ホワイトアッシュなどの組み合わせ、どれがどうといえませんが古いイギリス、ドイツ、アメリカのSPのオリジナルエンクロージャーが素材は違えど申し合わせた様に、3種類の違う木で組まれていることに驚きました。また、同じユニットで素材だけ違えたエンクロージャーで自分も試してみました。以前は、一時期米松信者になり、米松だけと思ってましたが、横は米松、裏を桜、前をホワイトアッシュにすると、音のなり方が全く違いました。すごく自然になり、小さなスピーカーなのに、コントラバスの低音の揺らぎが聞こえました。

返信 削除キー/


Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -