HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■3400 / 親記事)  ダウンロード リッピングでの音質変化の謎?
  
□投稿者/ セプ太 -(2011/01/25(Tue) 07:45:10) [ID:GlxFucna]
    セイレーンさん 教えて下さい

    HDDなどに一旦取り込んでの再生ですが、CDドライブやLANケーブルで音質が変わるとか言われています。(LANは試してみましたが確かに変わります)

    しかしデーター完全一致で取り込んだとすれば、少なくても記録媒体であるHDDに行くまでのCDドライブやLANケーブルで音質が変わる理由がわかりません。

    又、LANケーブルに至っては・・・  ネットからの配信などを考えますと、それこそ世界中から配信出来るわけで、それこそどんなに長く、劣悪な環境で伝送されているか。ですよね?

    データのコピーなんかでも繰り返すと音質が変わるなんて言われてますがこれも理由がわかりません。

    無論HDDからプレーヤへ行くLANケーブルなどは、ノイズの影響が出ると思われますから、これは音質に関係するのはわかります。

    音楽信号のデータには当然時間情報も完全に再現されると思うのでデータ保存時にはジッターなどは発生しないと思うのですがいかがでしょうか?
引用返信 削除キー/
■3402 / ResNo.1)  Re[1]: ダウンロード リッピングでの音質変化の謎?
□投稿者/ セイレーン@マレーシアなう -(2011/01/29(Sat) 12:42:14) [ID:wy8w9d0e]
    No3400に返信(セプ太さんの記事)
    > セイレーンさん 教えて下さい
    >
    > HDDなどに一旦取り込んでの再生ですが、CDドライブやLANケーブルで音質が変わるとか言われています。(LANは試してみましたが確かに変わります)
    >
    > しかしデーター完全一致で取り込んだとすれば、少なくても記録媒体であるHDDに行くまでのCDドライブやLANケーブルで音質が変わる理由がわかりません。
    >
    > 又、LANケーブルに至っては・・・  ネットからの配信などを考えますと、それこそ世界中から配信出来るわけで、それこそどんなに長く、劣悪な環境で伝送されているか。ですよね?
    >
    > データのコピーなんかでも繰り返すと音質が変わるなんて言われてますがこれも理由がわかりません。
    >
    > 無論HDDからプレーヤへ行くLANケーブルなどは、ノイズの影響が出ると思われますから、これは音質に関係するのはわかります。
    >
    > 音楽信号のデータには当然時間情報も完全に再現されると思うのでデータ保存時にはジッターなどは発生しないと思うのですがいかがでしょうか?

     おはようございます。

     これ、何故そのような事が起こるのか私自身も分かっていなくて、
    今も考えているテーマです。

     少なくともデータとして完全に転送、保存された場合は、変わる要素が
    今のところ1つしか思い当たりません。

     その1つですが、可能性があるとしたら、HDDにはデジタルの符号(データ)を
    記録しているのは勿論なのですが、僅かながら、デジタルの信号の中の、
    アナログ的な要素も持っているのではないか? と考えています。

     それは、HDDなどは単純に1と0を決まった場所に保存していくのですが、
    その記録方法は磁力、SとNの強さで保存されています。
    誤解を与える言い方ですが、カセットテープ、いえ、DATやDCC
    (懐かしい!)と同じです。

     磁力はアナログ量で、1と0をSとNで保存していますが、中には
    1.1であったり、0.1であったり、0.9や-0.1になることもあります。
    でも、データとしては、これは1と0とみなされます。

     これは読み込むときも同じ話となり、後には1と0になりますが、
    1.1と0.1や、0.9と-0.1で読み出されます。(アナログなので、
    条件により変化があるかも知れません。)

     読み出すデジタルの符号としては全く同じでも、読み出す信号としては
    保存の状況が、そのまま現れて来ることになるかと思います。

     そうすると、後はデジタルとは言え、これが原因でジッターも発生します。

     ただし、アナログと異なり、LANの配線が伸びたり、経路が複雑化したら
    必ず悪くなるのか、と言うと、そうでは無いと思います。

     たとえば、dc-1.0、アナログ的な観点から見ると、デジタルとは言え
    余計なバッファーメモリなどの経路が入っていて音が悪くなるように
    思う人もいるかも知れませんが、その効果はご存知の通りです。

     これは、信号として1.1や0.1などになっているのを、1.0、0.0に
    戻して再送していると考えています。

     ですので、LANやHDDの経路を通っても、デジタル信号の中の、
    デジタル符号を正確に取り出すことが出来れば、改善になるのでは
    ないかと考えています。


引用返信 削除キー/
■3403 / ResNo.2)  Re[2]: ダウンロード リッピングでの音質変化の謎?
□投稿者/ セプ太 -(2011/02/06(Sun) 21:11:08) [ID:GlxFucna]
    2011/02/06(Sun) 21:11:27 編集(投稿者)

    YOU TUBEでの比較でも音が違うのがはっきりわかりますよねえ。不思議ですね。

    http://www.youtube.com/watch?v=ok2CLo_8kN4

    NAS〜ルーター〜再生機器 のLANケーブルはノイズの関係もあり音は変わりそうですね。NASへのLANケーブルは一旦NASに溜めるので音質には影響ないはずと思いますが。
引用返信 削除キー/
■3404 / ResNo.3)  Re[3]: ダウンロード リッピングでの音質変化の謎?
□投稿者/ セイレーン -(2011/02/06(Sun) 21:57:00) [ID:DiHc6yrY]
    No3403に返信(セプ太さんの記事)
    > 2011/02/06(Sun) 21:11:27 編集(投稿者)
    >
    > YOU TUBEでの比較でも音が違うのがはっきりわかりますよねえ。不思議ですね。
    >
    > http://www.youtube.com/watch?v=ok2CLo_8kN4
    >
    > NAS〜ルーター〜再生機器 のLANケーブルはノイズの関係もあり音は変わりそうですね。NASへのLANケーブルは一旦NASに溜めるので音質には影響ないはずと思いますが。

     確かに。ウチの iMac くんでも違いがちゃんと分かりますわ。

     再生系のLANは、モロに影響が出るでしょうね。

     NASへのLANケーブルでも、信号品質に関わるので、影響は出るでしょうね。

     その影響が少なくなるような回路になっていれば良いのですが、普通PCでは、そこまで必要が無いですし。。。

引用返信 削除キー/
■3405 / ResNo.4)  Re[4]: ダウンロード リッピングでの音質変化の謎?
□投稿者/ セプ太 -(2011/02/12(Sat) 16:50:35) [ID:GlxFucna]
    >  NASへのLANケーブルでも、信号品質に関わるので、影響は出るでしょうね。
    >
    >  その影響が少なくなるような回路になっていれば良いのですが、普通PCでは、そこまで必要が無いですし。。。
    >

    先の書き込みの通り、NASへ保存前の工程は、配信なども考えると気にしてもきりがないので、NASに入るまでは音質には関係ないと思い込む事にしました!なのでCDドライブも音質には無関係!(ただし読み取りエラーが発生する分は当然差が出るので、基本100%ビットエラーの出ない様にしたいものですが)

    NASから出たデジタル信号をレンダラーで再生する際に影響する部分を拘ってみます。

    ところで、あまりに便利なので、CDプレーヤーに戻れないのですが一方で原状のLINN DSでの再生では、全くcd1.0FT-Pに適わないので、早くCAPLESE/Dが届かないかと首を長くして待っています。確認したら今クライオの旅に出ているところの様です。LINNからCAPLESEまでのデジタルケーブルも、同軸CMSと、石英光ケーブルを用意して比較の予定です。電気的に同軸もパルストランスが入っているそうなので同軸でも問題はないはずですが完全にアイソレートするなら光でしょう。しかしジッターは同軸が有利でしょうし・・・

    会社で某社の新製品DACを使って同軸と光を聴き比べましたがあまりにも音が違う(音質云々の前に、周波数バランスが全く違って聴こえる)ので今更ながら驚いています。
引用返信 削除キー/
■3406 / ResNo.5)  同軸でしょうねぇ
□投稿者/ セイレーン -(2011/02/12(Sat) 22:18:44) [ID:DiHc6yrY]
    No3405に返信(セプ太さんの記事)
    >> NASへのLANケーブルでも、信号品質に関わるので、影響は出るでしょうね。
    >>
    >> その影響が少なくなるような回路になっていれば良いのですが、普通PCでは、そこまで必要が無いですし。。。
    >>
    >
    > 先の書き込みの通り、NASへ保存前の工程は、配信なども考えると気にしてもきりがないので、NASに入るまでは音質には関係ないと思い込む事にしました!なのでCDドライブも音質には無関係!(ただし読み取りエラーが発生する分は当然差が出るので、基本100%ビットエラーの出ない様にしたいものですが)
    >
    > NASから出たデジタル信号をレンダラーで再生する際に影響する部分を拘ってみます。
    >
    > ところで、あまりに便利なので、CDプレーヤーに戻れないのですが一方で原状のLINN DSでの再生では、全くcd1.0FT-Pに適わないので、早くCAPLESE/Dが届かないかと首を長くして待っています。確認したら今クライオの旅に出ているところの様です。LINNからCAPLESEまでのデジタルケーブルも、同軸CMSと、石英光ケーブルを用意して比較の予定です。電気的に同軸もパルストランスが入っているそうなので同軸でも問題はないはずですが完全にアイソレートするなら光でしょう。しかしジッターは同軸が有利でしょうし・・・

     旅から帰ってくるのは何時ですか!?(笑)

     これ、経験的には同軸の方が良いでしょうね。確かにアイソレートを完璧にするには光なのですが。。。

     光ファイバーケーブルもさることながら、良質なオーディオ用の光I/Oデバイスが、なかなか無いのが現状です。
    個人的には高速通信用、10Gbクラスの、ちゃんとした光デバイスで音質評価をやってみたいのですが。。。

     同軸でも、特性インピーダンスをちゃんと合わせて、なおかつ、1次と2次の結合が低い
    パルストランスを使えばかなり良くなります。

    >
    > 会社で某社の新製品DACを使って同軸と光を聴き比べましたがあまりにも音が違う(音質云々の前に、周波数バランスが全く違って聴こえる)ので今更ながら驚いています。

     へぇ〜、どちらの新製品DACですか?(笑)

     いえ、あの光デバイスではお話にならないでしょうね。同軸が絶対良いです。(爆)

引用返信 削除キー/
■3407 / ResNo.6)  Re[6]: 同軸でしょうねぇ
□投稿者/ セプ太 -(2011/02/12(Sat) 22:51:20) [ID:GlxFucna]
    >  旅から帰ってくるのは何時ですか!?(笑)

    来週末には届くそうです。そこからエージングもかかりそうですしNASのHDDを600H回しっ放しも怖いので、LINNの機能であるインターネットラジオを24H体制で入力し続けようかと思っています。

    >  同軸でも、特性インピーダンスをちゃんと合わせて、なおかつ、1次と2次の結合が低い
    > パルストランスを使えばかなり良くなります。

    CAPLESEには高性能なパルストランスが内蔵されていたと思いますがどうでしょう。
    DENTECのデジタルケーブルはアナログケーブルと同じ構造で結線が異なるだけなので本来の75オームにはなっていないでしょうから(F320さん、間違ってたらすみません)、本当は駄目なんでしょうね。1m以下なら関係ないかな?

    >  へぇ〜、どちらの新製品DACですか?(笑)
    >
    >  いえ、あの光デバイスではお話にならないでしょうね。同軸が絶対良いです。(爆)
    >

    そうそう、はっきり言って光は全くNGでした。まあプラスチックのTOSリンクケーブルでしたしね。
引用返信 削除キー/
■3408 / ResNo.7)  まぁ、CDなら…
□投稿者/ セイレーン -(2011/02/13(Sun) 00:54:34) [ID:DiHc6yrY]
    > 来週末には届くそうです。そこからエージングもかかりそうですしNASのHDDを600H回しっ放しも怖いので、LINNの機能であるインターネットラジオを24H体制で入力し続けようかと思っています。

     メーカーにもよるのですが、HDDは連続稼働8Hまで、なんてかんなり弱い仕様の物もあるので、お気をつけ下さいませ。
    (ごく一部ですが。)

    >
    >> 同軸でも、特性インピーダンスをちゃんと合わせて、なおかつ、1次と2次の結合が低い
    >>パルストランスを使えばかなり良くなります。
    >
    > CAPLESEには高性能なパルストランスが内蔵されていたと思いますがどうでしょう。

     ああっ、そうですわ。Fidelixなら大丈夫ですね。


    > DENTECのデジタルケーブルはアナログケーブルと同じ構造で結線が異なるだけなので本来の75オームにはなっていないでしょうから(F320さん、間違ってたらすみません)、本当は駄目なんでしょうね。1m以下なら関係ないかな?

     まぁ、CDレベルで1m程度なら。。。なんとか集中常数でいけるかな。


    > そうそう、はっきり言って光は全くNGでした。まあプラスチックのTOSリンクケーブルでしたしね。

     COAXも設計によっては、改造した方が良くなる時がありますからね。あれはどうだったかな・・・。


引用返信 削除キー/
■3409 / ResNo.8)  Re[8]: まぁ、CDなら…
□投稿者/ セプ太 -(2011/02/13(Sun) 10:08:13) [ID:GlxFucna]
    >  メーカーにもよるのですが、HDDは連続稼働8Hまで、なんてかんなり弱い仕様の物もあるので、お気をつけ下さいませ。
    > (ごく一部ですが。)

    一応

    搭載するハードディスクは信頼性の高さからエンタープライズ向け製品を使用しています。

    NASに求められる機能として長時間稼働での信頼性があります。一般的なHDD搭載NASキットの場合、デスクトップ仕様のHDDを用いることが多いようです。組込用に調整されたファームウェア等を利用していることもございますが、データセンターや業務用ストレージアレイシステムにも利用されるHDDを用いることで信頼性を向上させています。

    一般的なデスクトップ向けHDDは1日8時間の運用を想定しておりますが、エンタープライズ向けHDDは24時間稼働も可能です。業務用ファイルサーバーや音楽データ用ストレージとしても最適です。

    さらに特別仕様モデルでは、規定時間以上の簡易エージング、並びに、簡易スクリーニングを実施しており、より信頼性の高い運用が可能です。

    だそうです。

    >  ああっ、そうですわ。Fidelixなら大丈夫ですね。

    ●コアキシャル入力は高速パルストランス(115MHz、PS間シールド付き0.5pF)と、バイポーラ入力によるヒステリシス付きの高速コンパレータでジッターの混入を防ぎ、TOSLINKは高速タイプ(25MBPS)の採用で、いずれのSPDIF入力も24Bit/192kHzサンプリングに対応(32Bit/192kHzサンプリングも動作確認済)。アイソレーションが十分ではないUSBとAES/EBUは、接続すると何らかの悪影響を及ぼす可能性があり、特にUSBはPCなどのスイッチングノイズが盛大に入り込む可能性があるので、あえて排除し、これらはコアキシャルに変換しての使用を推奨(USBからの変換で192kHz対応製品は存在する)。

    だそうです。
引用返信 削除キー/
■3412 / ResNo.9)  SDCとSLCは違いますよ!
□投稿者/ F320 -(2011/03/15(Tue) 17:56:58) [ID:YyuNnfGh]
    No3407に返信(セプ太さんの記事)
    > CAPLESEには高性能なパルストランスが内蔵されていたと思いますがどうでしょう。
    > DENTECのデジタルケーブルはアナログケーブルと同じ構造で結線が異なるだけなので本来の75オームにはなっていないでしょうから(F320さん、間違ってたらすみません)、本当は駄目なんでしょうね。1m以下なら関係ないかな?

    SLCはIN側のみでシールドを結線していますが、SDCはIN OUT共に結線しています。
    よってインピーダンスは75Ω(正確には77Ω)ですよ!

引用返信 削除キー/

次のレス10件>

スレッド内ページ移動 / << 0 | 1 >>

このスレッドに書きこむ

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -