HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

No2147 の記事


■2147 / )  Re[2]: 12/2の試聴会&ミニライブで演奏したCD
□投稿者/ セイレーン -(2007/12/05(Wed) 12:15:24) [ID:7ePhl3dP]
    ■No2136に返信(信川さんの記事)
    > ■No2135に返信(セイレーンさんの記事)
    > セイレーンさん、報告ありがとう。
    > 
    >>先日、あの「SOULNOTE」の鈴木さんが新製品の発表で使われたCDを紹介します。
    >>まずは1枚目。
    >>
    >>http://www.hmv.co.jp/product/detail/1289299
    > 
    > これ、良さそうなアルバムですね!
    > ギターがナイロン弦と言うのも面白そうです。
    
    弦が違うだけで音楽の表情って、コロっと変わりますよね。
    初めて楽器による違いでビックリしたのは、4、5年前だったかな、
    池袋の東京芸術劇場で聴いた「18世紀オーケストラ」です。
    作曲された当時と同じ楽器の構成、弦から製法からこだわった楽器を
    使われているオーケストラです。
    
    演奏されたのはベートーベンの交響曲第8番と5番だったと思うのですが、
    特に5番の運命、有名なので印象に残っています。
    普通のオーケストラで聞くと、曲のイメージが本当に後が無い過酷な運命、
    と言う感じがしますが、フランス・ブリュッヘンさんの指揮で聴くと、
    過酷で大変な運命でも、一筋の光が見える、と言うイメージを持ちました。
    音で言うと、普通のオーケストラはキツく聞こえ、18世紀オーケストラは
    表情豊かに聞こえると言えば良いのでしょうか。
    
    >>次に、パッケージが若干違うようなのですが、2枚目
    >>
    >>http://www.hmv.co.jp/product/detail/1388515
    > 
    > 内田光子は大好きなのでコレ買い!です。
    > でもドビュッシーは初めてです。
    
    あ、良いですか? 若干パッケージが違うので私が買ってからレポートしようかと
    思っていたのですが。
    
    

返信 削除キー/


Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -