HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■454 / ResNo.10)  チケット申し込みは
  
□投稿者/ kaoru-I -(2005/07/26(Tue) 20:22:08) [ID:hyogfWR8]
    いずみホールのコンサート情報ではまだ「ロ短調ミサ曲」はアップされていないようですが、
    コジマ・コンサートマネジメントでのチケット購入も可能です。
    こちらの方は案内が出ています。
    http://www.kojimacm.com/pc/index.html

    また、関東方面の方は
    東京オペラシティ コンサートホール
    12月11日(日)15:00〜
    こちらにて是非お申し込みください!(発売は9月です)

    また、バッハ・コレギウム・ジャパンのドイツツアーでは
    8月 6日(土) 7日(日)ドイツ・アンスバッハ音楽祭で「ロ短調ミサ曲」を演奏されますね。
    かなり時間の余裕を持ってツアーに臨まれると間接ながらお聞きしましたので、
    ロ短調にかける想いがどのような形になって表れるのか、とても楽しみになってきます!

    今年の年末はベートーヴェン第9もいいけれど、
    バッハ「ロ短調ミサ曲」ですよ!






引用返信 削除キー/
■456 / ResNo.11)  Re[4]: チケット届いた!!
□投稿者/ 信川 -(2005/08/11(Thu) 02:22:46) [ID:m20Qc7qO]
    No454に返信(kaoru-Iさんの記事)
    > バッハ「ロ短調ミサ曲」ですよ!

    チケット届きました!!
    Kaoru-I 様、お世話になりました。

    今から、待ち遠しいですね!

    PS:松方ホールにマイスキーが来るんですね。
       たぶんソロとピアノとのデュオだと思うのですが、結構するんだなこれが・・・

引用返信 削除キー/
■458 / ResNo.12)  感動のBCJ!
□投稿者/ kaoru-I -(2005/08/22(Mon) 19:04:03) [ID:hyogfWR8]
    「ハー モル メッセ」
    「バッハ コレギウム ヤーパン、 マザーキ ズズキ」

    本日、深夜3:05よりドイツバイエルン放送のネット放送で去る8月6日アンスバッハ音楽祭でのBCJの『ロ短調ミサ曲』を聴きました!

    初めて聴くBCJの「ロ短調」は素晴らしいの一言です!

    怒涛のように押し寄せる拍手の嵐に包まれて放送は終わりましたが、興奮のあまりそれからは一睡もせず出勤。

    益々12月の演奏会が楽しみになってきました。
    おそらく私が、近年聴いた演奏の最高のものとなるのではないかと、期待が膨らみます!

    バッハの奥義を極め、その素晴らしさを余すところなく表現してくださる鈴木雅明さんに感謝したい・・・そんな気持ちで一杯になりました。


引用返信 削除キー/
■465 / ResNo.13)  Re[6]: 感動のBCJ!
□投稿者/ やぐち -(2005/08/30(Tue) 02:16:38) [ID:IrXfqvOT]
    kaoru-Iさま、こんばんは。やぐち「VIVA! BCJ」です。
    バイエルン放送のBCJ「ロ短調」本当に感動的でしたね!自分のHPでも書きました
    が、私はやはりマールテン氏のティンパニに心底感服してしまいました。ここだけ
    の話、残念ながら12月の公演はマールテン氏ではない別の外国のティンパニ奏者を
    招聘予定とのことですが、その方の演奏に期待を寄せつつも、いつの日か是非生で
    マールテン氏の「ロ短調」を聴いてみたいと思います。

    「ロ短調」はBCJのプロジェクトとしては3回目の取り組みになります。
    初めはあのバッハイヤー2000年の12月で、BCJの「ロ短調」初演奏は今回と同じ、
    大阪・いずみホールだったのです!この時はCTのショルとの共演も話題になり
    ました。私は佐倉、東京、つくばで聴きました。やや力みのある部分の多い演奏
    だったように思います。そんな中では、一番ハコの小さい佐倉での演奏が良かっ
    たです。
    2度目は2001年の埼玉での2公演とイタリア・ツアー。埼玉での2回は両方聴きまし
    たが、集中力に欠ける部分が多く、がっかりした記憶があります。ただ、ツアー
    では現地の聴衆の熱気と雰囲気のうちに成功を収めて帰ってきたとのことでした。
    (イタリアまで追っかけて行ってしまった知人も[私ではありません!]、そのよう
    に言っていたと思います)
    そして、今回のアンスバッハでの演奏が、そのイタリア以来の演奏だったのです。

    放送を聴いて、これまでのBCJ「ロ短調」とは違う、自然な流れを持った音楽を
    感じました。このしなやかさは、この音楽にはとても重要な要素です。この4〜5年
    のBCJの歩み、そして、このアンスバッハ公演までの準備の積み重ねが実った瞬間
    と感じました。
    12月もまだ「ロ短調」の録音は行わないそうです。我々は、今のBCJの「ロ短調」
    の貴重な目撃者になるのですね。楽しみです。

    そんな「ロ短調」を予習するためのHPを見つけました。
    http://www.prmvr.otsu.shiga.jp/EnsembleVoce/Bach/Bach1.html

    成り立ちから各曲の解説(パロディ関係ももちろん!)、背景まで、良くできて
    います。ご参考にどうぞ。それでは。
引用返信 削除キー/
■466 / ResNo.14)  Re[7]: 感動のBCJ!
□投稿者/ kaoru-I -(2005/08/30(Tue) 20:25:46) [ID:hyogfWR8]
    No465に返信(やぐちさんの記事

    > kaoru-Iさま、こんばんは。やぐち「VIVA! BCJ」です。
    > バイエルン放送のBCJ「ロ短調」本当に感動的でしたね!自分のHPでも書きました
    > が、私はやはりマールテン氏のティンパニに心底感服してしまいました。ここだけ
    > の話、残念ながら12月の公演はマールテン氏ではない別の外国のティンパニ奏者を
    > 招聘予定とのことですが、その方の演奏に期待を寄せつつも、いつの日か是非生で
    > マールテン氏の「ロ短調」を聴いてみたいと思います。

    > 「ロ短調」はBCJのプロジェクトとしては3回目の取り組みになります。
    > 初めはあのバッハイヤー2000年の12月で、BCJの「ロ短調」初演奏は今回と同じ、
    > 大阪・いずみホールだったのです!この時はCTのショルとの共演も話題になり
    > ました。私は佐倉、東京、つくばで聴きました。やや力みのある部分の多い演奏
    > だったように思います。そんな中では、一番ハコの小さい佐倉での演奏が良かっ
    > たです。
    > 2度目は2001年の埼玉での2公演とイタリア・ツアー。埼玉での2回は両方聴きまし
    > たが、集中力に欠ける部分が多く、がっかりした記憶があります。ただ、ツアー
    > では現地の聴衆の熱気と雰囲気のうちに成功を収めて帰ってきたとのことでした。
    > (イタリアまで追っかけて行ってしまった知人も[私ではありません!]、そのよう
    > に言っていたと思います)
    > そして、今回のアンスバッハでの演奏が、そのイタリア以来の演奏だったのです。
    >
    > 放送を聴いて、これまでのBCJ「ロ短調」とは違う、自然な流れを持った音楽を
    > 感じました。このしなやかさは、この音楽にはとても重要な要素です。この4〜5年
    > のBCJの歩み、そして、このアンスバッハ公演までの準備の積み重ねが実った瞬間
    > と感じました。
    > 12月もまだ「ロ短調」の録音は行わないそうです。我々は、今のBCJの「ロ短調」
    > の貴重な目撃者になるのですね。楽しみです。

    深夜のモノラル音源でしかもイヤホンを通した音にもかかわらず、BCJトーンの
    透明さと奥深さが深い対位法の美しい世界を見事に表現しているのが伝わってきました。
    素晴らしいティンパニに支えられて、通奏低音や、島田さんのトランペットを初め管弦楽は見事でしたし、
    ソリストを初め、合唱団も非の打ち所がない表現力だと評されていました。
    今でも「イン・レミッシオー・・・イン・レミッシオー・・・イン・レミッシオー」と渦巻く美しい合唱が鳴り響いています。

    NHK−FMで是非放送して欲しいものですね!
    >
    > そんな「ロ短調」を予習するためのHPを見つけました。
    > http://www.prmvr.otsu.shiga.jp/EnsembleVoce/Bach/Bach1.html
    >
    > 成り立ちから各曲の解説(パロディ関係ももちろん!)、背景まで、良くできて
    > います。ご参考にどうぞ。それでは。

    これは実によくまとめあげられたいいサイトですよね。
    実は私もこれで予習させていただいていました。
    ついでにシュバイツアーの本を図書館から借りたのですが、本の訳は少し堅苦しいですね。

    さて、9月2日はヨーロッパツアーから帰国されたばかりの鈴木雅明さんのオルガンコンサート。
    いずみホールを楽しみにしています。
    夏休みも終わるので、やぐちさんは来れないでしょうね。


引用返信 削除キー/
■509 / ResNo.15)  今週ですね
□投稿者/ セプ太 -(2005/12/04(Sun) 21:58:24) [ID:MuhyvU45]
    いよいよ今週金曜日となりました。取り敢えず今週は予習しておきます。
    あと神戸支部ミニ忘年会もきっちり予約しておきましたので、軽く盛りあがりましょうね。のんべいがいないので、ジェントルな会になりそうですね。
引用返信 削除キー/
■510 / ResNo.16)  Re[4]: 今週ですね
□投稿者/ kaoru-I -(2005/12/04(Sun) 23:02:15) [ID:hyogfWR8]
    No509に返信(セプ太さんの記事)
    > いよいよ今週金曜日となりました。取り敢えず今週は予習しておきます。
    > あと神戸支部ミニ忘年会もきっちり予約しておきましたので、軽く盛りあがりましょうね。のんべいがいないので、ジェントルな会になりそうですね。

    さあ・・・いよいよですね!

    バッハに関する本はかなり読んだのですが、たまたま娘が、ひのまどか著「バッハー忘れられていた巨人」を学校から借りてきたので、
    読んでいたら、やはり最後は泣けてきました。これは名著ですね。
    読みやすいので、バッハ入門には是非お勧めです。
    でも、この状態で「ロ短調ミサ曲」聴いたら。。。ホントやばいなあ。。。

    終わってからのミニ忘年会も楽しみにしています!



引用返信 削除キー/
■511 / ResNo.17)  Re[4]: 今週ですね
□投稿者/ 津田@西宮 -(2005/12/05(Mon) 23:04:26) [ID:6KSfjQrz]
    No509に返信(セプ太さんの記事)
    > いよいよ今週金曜日となりました。取り敢えず今週は予習しておきます。
    > あと神戸支部ミニ忘年会もきっちり予約しておきましたので、軽く盛りあがりましょうね。のんべいがいないので、ジェントルな会になりそうですね。

    とても楽しみです。金曜日のために、たまった仕事を必死に仕上げています。
    嬉しいミニ忘年会楽しみにしています。
引用返信 削除キー/
■512 / ResNo.18)  Re[5]: 今週ですね
□投稿者/ 上部 -(2005/12/06(Tue) 21:45:51) [ID:ChT5OZ1p]
    遅ればせながら・・・・・

    私ももちろん行きます。最近チケットとりましたが、前から3列目です!!

    今回は生徒を連れて行かないことにしましたので、私も忘年会に参加したいのですが、今からでも大丈夫ですか?セプ太さん!!
引用返信 削除キー/
■513 / ResNo.19)  Re[6]: 今週ですね
□投稿者/ セプ太 -(2005/12/06(Tue) 23:38:55) [ID:McaTwCRT]
    No512に返信(上部さんの記事)
    > 遅ればせながら・・・・・
    >
    > 私ももちろん行きます。最近チケットとりましたが、前から3列目です!!
    >
    > 今回は生徒を連れて行かないことにしましたので、私も忘年会に参加したいのですが、今からでも大丈夫ですか?セプ太さん!!

    そうですか!了解です。たぶん大丈夫とは思いますが明日予約した店に確認しておきますね。まあ駄目なら店を変更すればしまいですがね。
引用返信 削除キー/

<前のレス10件 | 次のレス10件>

スレッド内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 >>

このスレッドに書きこむ

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -